陰キャ

スポンサーリンク
考え方

陰キャがつらいので陽キャになるのはあり?生き方をどうしたらいいか悩む人へ

今この記事を読んでいる人は、陰キャで悩んでいる人でしょう。 「自分は陰キャでいい人生歩めそうにない、陽キャになりたい」 こう思っている人もいると思います。 私も内面は陰キャの性質が強く、陽キャの人たちを見ると羨ましいと思うことがありました。...
考え方

運動音痴で生きづらい。それでも運動が好きな人が運動を楽しむ方法を紹介

運動音痴は生きづらさを感じるケースがあります。 特に学生時代は、運動音痴はかなり致命的です。 体育の授業で恥をかいたり、部活動でミスして負けて怒られたり。 こういったことがあると、クラスメイトや同級生からバカにされたりすることがあります。 運動音痴で生きづらさを感じている人は、今回の記事を読んでみてください。
考え方

陰キャで美容院が怖い男子へ!緊張する人へ対処法について紹介します

「美容院、行ってみたいけど行きづらい。」 「美容院はおしゃれな人間しかいないイメージ。なんか怖い。」 こう思っている人、特に陰キャ男子は多いと思います。 特に美容院に行ったことがない人からすると、ハードルが恐ろしく高く感じると思います。 私...
カラオケ

カラオケが死ぬほど嫌いだった音痴が、少しだけ音痴を克服する方法を紹介

大学生や社会人になると、カラオケに行く機会が増えてきますよね。 特に飲み会の後の、二次会や三次会。 誰かが発言する 「二次会カラオケいこーぜ」 この一言が怖くてたまらないと感じている人もいると思います。 私も昔はカラオケが死ぬほど嫌いでした。 始めてカラオケに行ったのは高校生?の頃だったと思います。 友人約10人くらいだったかと思います そのころから音痴を自覚していた私は、人前で歌うのが苦痛でたまりませんでした。 しかし、カラオケについて行ったら最後、絶対に何かを歌わないといけない雰囲気になってしまいます。 満を持して歌いましたが、点数も60点台で、周りもしらけてしまっている状態でした。 こんな経験をしてから、カラオケは死ぬほど嫌いでしたが、やはり社会人になってもカラオケに行く機会は少なからず訪れてきます。 そこから少しずつカラオケの経験をして、死ぬほど嫌いだったカラオケが、今は 「少しの時間なら、誘われたら行けなくもない(気はちょっと重いけど)」 くらいにはなりました。 そこで今回は、カラオケが死ぬほど嫌いだった私が、少しだけ音痴がマシになる方法をお伝えします。
カラオケ

カラオケに行きたくない音痴が乗り切るには?飲み会や付き合いカラオケの攻略法

みなさん、カラオケは得意ですか? 中には音痴でカラオケが好きじゃない人もいるでしょう。 しかし、友人との付き合いや、会社の飲み会で、カラオケやスナックに行くこともあるでしょう。 そこについて行ったら最後、何かしら歌わないといけない雰囲気になります。 音痴の人からすると、すごく絶望してしまう状況ですよね。 私も音痴でカラオケが苦手なため、カラオケに行くのが一時期苦痛でたまりませんでした。 今でもカラオケが苦手であまり好きではありませんが、昔のようにめちゃくちゃ苦痛というわけではなくなりました。 ここで今回は、アラサー男で、カラオケ点数60点代~70点台の私が教える、音痴の人が、カラオケに連れていかれた時の攻略法を紹介します。
会社員

職場に友達がいない人ってやばいの?気にしている人の悩みを解決

「職場に友達がいなくて悩んでいる」 こういった人はいませんか? 職場での人間関係に悩んでいない人は、ほとんどいないでしょう。 人間関係は繊細で、複雑で、悩みやすい非常に厄介なものです。 そんな中でも、職場に心から打ち解けられるような友人がいれば、どんなに楽しいと思えるでしょうか。 周りの同僚や、先輩社員は、職場の仲間と仲良くやっていて、休みの日もよく一緒に活動しているみたい。 それなのに自分は職場の人とそこまで仲良くなれないし、心の内をさらすことなんてとてもできない。 「心から打ち解けられる友人が、職場にいなくて悩んでいる」 こう悩んでいる人に向けて今回の記事を書きました。 結論を先に言うと、無理に職場に友人を作らなくていいです。 詳しく内容を紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
もやもや改善

昔やんちゃしてた自慢はダサい!やんちゃアピールする人の心理と対処法について

「俺、昔結構やんちゃしててさ~」「今は丸くなったけど、昔は結構ケンカしたな~」 こんなこと言う人、周りにいませんか? 正直、こんな話を聞かされて、面倒だな…と思う人いると思います。 また、 「昔はやんちゃしてたけど、今はちゃんとしてるよ」 こんな風に言う人もいると思います。 そこで今回は、昔やんちゃしてたアピールがダサい理由と、それよりも真面目にやってきた人の方がずっと偉いことについて解説していきます。
もやもや改善

言った方は覚えてなくても、言われた方は覚えている!言葉選びを気を付ける方法

皆さん、自分が子どものころや、学生時代に友人や先生から言われたこと、覚えていることありますか? 私はあります。 言われてうれしかったこと、衝撃だったこと、嫌だったこと、いろいろあります。 嫌なことや衝撃だったことの方が良く覚えている気がします。 ただ、そのエピソードはおそらく、言った側の人は覚えていないことの方がほとんどでしょう。 今回は、 「言った方は覚えてなくても、言われた方は覚えているから言葉選びは気を付けた方がいい」 をテーマに解説します。 何となくはわかっている人も、わかっていない人も、言葉選びは気を付けた方が良いと腑に落ちるような記事となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。
考え方

ぼっちで馬鹿にされる?友達いなくても大丈夫!気にしなくていい理由

「ぼっちで馬鹿にされて、悩んでいる…」 こんな風に思っている人、いるんじゃないでしょうか? 結論、全く気にしなくて問題ありません。 正直なところ、ぼっちは悪いことでもないし、メリットだってあります。 私は、ぼっちではありませんが、友達が少ないです。 友達と頻繁に遊ぶこともないし、一人で行動することも多くあります。 昔は「ぼんは友達ほとんどいないからなぁ」と馬鹿にされたこともありましたが、今では強がりでなく、全く気になりません。 今回はぼっちを気にしている人に対して、気にしなくてもいい理由を紹介していきます。
考え方

体育会系のノリや人が苦手?内向的な人ができる対策を紹介

「何となく体育会系の人やノリが苦手だな…」 そう思っている学生や社会人の人いると思います。 何か声大きいし、ノリを大事にするし、精神論多いし… 体育会系に属していない人からすると、なんか怖い印象がありがちな体育会系。 よくわからないけど絡まれると怖いし、仕事やり方も合わないしと考えている方もいると思います。 かくいう私も学生時代運動部に所属していました。 運動部のノリにはかかわってましたが、人によって合う合わないの差が大きいと思っています。 正直なところ、私のような内向的な人には体育会系が合わないと感じることはありました。 体育会系の人と長く携わった私の見解を踏まえ、体育会系の特徴や、内向的な人がどう接していくといいか、私なりに対応方法を紹介していきます。
スポンサーリンク