2023-06

スポンサーリンク
もやもや改善

大人になると楽しみがない?大人だからこそ手に入る自由とは?

「大人って仕事仕事で楽しくないな。学生時代の方が良かった。」 「ああ、大人になりたくないな。仕事ばかりでつまらないだろうな。」 こう思っている人にお伝えします。 私は間違いなく大人になってからの方が楽しいです。 「え、学生の方が仕事しなくていいから楽しいじゃん…」 「学生は責任も少ないし、気楽に生活できるから絶対いいよ。」 こう反論したくなる気持ちがわかりますが、大人も案外悪いものではありません。 今回は私が大人の方が楽しいと思う理由を紹介していきます。
考え方

団体競技ってどんな人におすすめ?メリットとデメリット、向き不向きについて解説

競技は大きく分けて2種類あります。 団体競技と個人競技。 この2つについて、それぞれの特徴について、考えたことはありますか? すでにその種目に取り組んでいる方、これから取り組もうと考えている方、子どもに何をやらせようか考えている方、必ずその競技の特徴は把握してきましょう。 そうでないと、明らかに性格上向いていない競技をして、成果が出なくて落ち込んでしまう。 こんな状態になるととても辛いですからね。 向いていない競技を選んで、勉強になることも確かにありますが、可能な限り向いている競技を選んだ方が本人のためにもなります。 そこで今回は団体競技に焦点を当てて、団体競技がどんな人におすすめなのか、紹介していきます。 私は学生時代は団体競技、社会人からは個人競技もしてきましたので、両方の視点から解説できるのでお役に立てると思います。
生活

家賃ケチるべき理由は?合わせて気を付けるべきポイントを紹介

「家賃 ケチる」 こう調べると検索結果の多くは、 「家賃はケチるな」「家賃にはお金かけた方がいい」 こんな検索結果が多く出ます。 この検索結果を見て、記事を読んでいくと、 「やっぱり家賃はケチらず、お金をかけるべきなんだ」 こう思う人は多いはずです。 ただ、ちょっとだけ待ってください。 家賃は毎月固定で発生する費用になるし、検索結果をちょっと見て判断していいんでしょうか? あなたが毎日頑張って稼いだお金で、その家賃を支払うことになりますが、そんな簡単にお金を払うことを決めていいんでしょうか? 家賃は毎月かかってくる固定費で、生活費にも大きな割合を占めます。 今回は家賃をケチるべきなのか、気を付ける点はあるのかについて解説してきます。
生活

ミニマリストは不潔?病気?貧乏くさい?ネガティブイメージについて解説

皆さん、ミニマリストについて、どんなイメージを持っていますか? 私は、 モノが少ない シンプルで整った暮らし 自分の価値観で生きている そんなイメージを持っています。 どちらかというといいイメージを持っていて、ミニマリストにあこがれがあり、モノを手放してきました。 ミニマリストにはなっていませんが、結果としてモノが減って、より良い暮らしができていると実感します。 ただし、一部の方からこういった意見があります。 ミニマリストは不潔 ミニマリストは病気だ ミニマリストは貧乏くさい ここで今回の記事ではこれらのネガティブイメージについて、解説していきます。 私はミニマリストに関する本を10冊近く読み、モノを減らすことに関するメリットについて知識を深めてきました。 今ミニマリストを目指されている方、既になっている方、モノを減らしている方には、きっと勉強になる記事になると思います。
生活

水筒は貧乏くさい?周囲の目が気になっても使った方がいいのか特徴を抑えてみた

皆さん、水筒使ってますか? 「何か水筒使ってる人って貧乏くさいんだよな」 こう思って毛嫌いしている人、非常にもったいないです。 私はかれこれ水筒生活を始めて3年以上になります。 間違いなく、水筒は導入して良かったと思いますし、皆さんにもぜひ取り入れてもらいたいと思い、この記事を書きました。
過ごし方

平日の楽しみがない?会社終わりサラリーマンのおすすめ過ごし方

「平日は仕事と会社の往復で楽しみがないなあ」 こう悩んでいるサラリーマンの方、多いんじゃないでしょうか? サラリーマンをしていると、平日の日中は仕事、帰ってきてもヘトヘトで、何もする気が起きない。 それに加え、特別することもないので、食事と風呂を済ませ、スマホを見ながらだらだら。 こう過ごしているともう寝る時間で、布団へ行き、またスマホ見ながら寝落ちするのを待つ。 こんな平日を過ごしていると、 「なんだか人生つまらない」 こう思ってしまう人もいると思います。 どうしても休日よりも平日の方が多く、平日働いているサラリーマンが多いです。 そのため、平日がつまらないと、生活のほどんどの日がつまらないことになってしまいます。 そんなの嫌ですよね? そこで今回は平日楽しみがない人に向けて、おすすめの過ごし方を紹介します。
もやもや改善

昔やんちゃしてた自慢はダサい!やんちゃアピールする人の心理と対処法について

「俺、昔結構やんちゃしててさ~」「今は丸くなったけど、昔は結構ケンカしたな~」 こんなこと言う人、周りにいませんか? 正直、こんな話を聞かされて、面倒だな…と思う人いると思います。 また、 「昔はやんちゃしてたけど、今はちゃんとしてるよ」 こんな風に言う人もいると思います。 そこで今回は、昔やんちゃしてたアピールがダサい理由と、それよりも真面目にやってきた人の方がずっと偉いことについて解説していきます。
もやもや改善

言った方は覚えてなくても、言われた方は覚えている!言葉選びを気を付ける方法

皆さん、自分が子どものころや、学生時代に友人や先生から言われたこと、覚えていることありますか? 私はあります。 言われてうれしかったこと、衝撃だったこと、嫌だったこと、いろいろあります。 嫌なことや衝撃だったことの方が良く覚えている気がします。 ただ、そのエピソードはおそらく、言った側の人は覚えていないことの方がほとんどでしょう。 今回は、 「言った方は覚えてなくても、言われた方は覚えているから言葉選びは気を付けた方がいい」 をテーマに解説します。 何となくはわかっている人も、わかっていない人も、言葉選びは気を付けた方が良いと腑に落ちるような記事となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。
考え方

ぼっちで馬鹿にされる?友達いなくても大丈夫!気にしなくていい理由

「ぼっちで馬鹿にされて、悩んでいる…」 こんな風に思っている人、いるんじゃないでしょうか? 結論、全く気にしなくて問題ありません。 正直なところ、ぼっちは悪いことでもないし、メリットだってあります。 私は、ぼっちではありませんが、友達が少ないです。 友達と頻繁に遊ぶこともないし、一人で行動することも多くあります。 昔は「ぼんは友達ほとんどいないからなぁ」と馬鹿にされたこともありましたが、今では強がりでなく、全く気になりません。 今回はぼっちを気にしている人に対して、気にしなくてもいい理由を紹介していきます。
会社員

有給休暇余ってるけど使い道がない?有給休暇を使って過ごすおすすめの平日過ごし方

「有給休暇余ってるけど、使い道もないし、使わなくていいかな…」 こう思っている会社員の方。 もしあなたが休める環境にあって、有給休暇を使っていないのだとすると、非常にもったいないです! なんといっても有給休暇は休んでも給料が出る非常にありがたい制度です。 取れる範囲でどんどんとって自分の時間を有意義に過ごしましょう。 ただ、使い道がなく、休んでもすることないかなと思っている人もいるかと思います。 今回は有給休暇を取っても使い道がないといった人のために、有給休暇の使い道を紹介します。
スポンサーリンク