チョコザップ(chocoZAP)の持ち物は何が必要?荷物・貴重品の管理方法も紹介

※当サイトではアフィリエイト記事を利用しています

chocoZAPでの荷物と管理 チョコザップ

皆さん、チョコザップ通ってますか?

チョコザップは気軽に行けて、ちょっとした時間からトレーニングできるジムとしてうってつけのジムですよね。

ただチョコザップに通ったことがない人、通い始めて少しの人は、

持ち物は何を持っていく必要がある?

荷物や貴重品はどうやって管理したらいいの?

こう思う人もいると思います。


今回の記事では、チョコザップに通う人の持ち物と、荷物・貴重品の管理方法について紹介します。

chocoZAPは24時間通い放題、ジム、エステ、脱毛使い放題月額で2,980円(税込3,278円)です。

また、入会した方全員にスターターキットが送られます。

体組成計とヘルスウォッチが入会するだけでもらえちゃいます

入会後すぐ退会しても返却する必要ないので、試しに入会してみるのをおすすめします。

スターターキット

チョコザップに持っていくものは?

chocoZAPの室内

まずはチョコザップ行くときに持っていくものを紹介します。

気軽にふらっと立ち寄れるジムとはいえ、手ぶらでは行くことができません。

必須の持ち物と、持って行った方がいいものの両面で紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スマホ

スマホは必ず持っていきましょう

といっても、チョコザップの中に入るためには、スマホが必須です

入口のところで、アプリの二次元バーコードをかざして入店する必要があるからです。

普段持っているスマホで大丈夫なので、入会後、アプリを入れて持っていきましょう。


運動できる服装

持っていくものではありませんが、運動できる服装で行った方がいいです

もちろんスーツや普段着で運動している人も多くいますし、服装を気にせず通えるジムとしてチョコザップはおすすめしています

しかし、やはり汗はかきますし、ある程度動ける服装でないと動きにくいです。

こういった点を踏まえると、やはり運動できる服装で行くことをおすすめします。

また、靴はスニーカーで行っている人が多いので、スニーカーで行くことをおすすめします。


タオル

タオル

タオルは持って行った方がいいものです

店内は多少エアコンが効いているとはいえ、トレーニングしていると汗をかきます。

そこで、汗を拭く用のタオルがあるとすぐ拭けますよね。

ウェットシートもいいですが、結構汗は書くので、タオルの方を私はおすすめします。

1枚でもいいですが、予備含めて2枚持っていくと余裕があっていいですよ。


イヤホン

イヤホンも持って行った方がいいです

チョコザップは無人ジムで、ほとんどの人が黙々とトレーニングしてますが、中には走る音やマシン音が気になる人はいると思います。

そんな時に、イヤホンがあると、自分の世界に集中してトレーニングすることができます。

特にノイズキャンセリング機能があるイヤホンなら、よりトレーニングに集中できるでしょう。

普段使いしているイヤホンでも十分なので、持っていくようにしましょう。

私のおすすめはAnkerのイヤホンです。

ノイズキャンセリング機能もあるし、音質もこだわりが強い人じゃなければ十分です。

購入から保証もあるし、1万円前後で買えるため、手を出しやすい金額です。

AirPodsとかよりも、値段も手ごろで機能も十分なので、おすすめです。


飲み物・水筒

飲み物や水筒も持って行った方がいいです

チョコザップには基本的に自動販売機や冷水器はありません。

喉が渇くと思うので、飲み物は用意しておくことをおすすめします。

よくジムに行く人は、飲み物代節約のために、私は水筒をおすすめしています

水筒はおしゃれで自分が気に入った水筒を使うと、テンションが上がるのでおすすめです。

また、新しい水筒が欲しいと思っている人は、タイガーボトルの水筒を選んでみてはいかがでしょうか?

機能性はもちろん、シンプルなデザインでかっこいい水筒ですよ。


トートバッグ

これらの荷物を持ち運ぶのに、バッグがあった方がいいです。

紹介した、スマホ、タオル、水筒、これらのモノは意外とかさばります。

私はトートバッグが使い勝手がいいのでおすすめしています

特に肩掛けもできるタイプは、いろいろと使いやすいので、一つ持っておくと便利です。


チョコザップでの荷物・貴重品の管理は?

ロッカー

必要な荷物について、紹介しましたが、チョコザップで荷物や貴重品の管理はどうすればいいか、わからない人もいると思います。

ここからは、チョコザップで荷物を置くところはあるのか、管理はどうすればいいのか紹介していきます。

チョコザップには鍵付きロッカーはない

チョコザップには鍵付きロッカーはありません

鍵なしのロッカーは一人一つ使うことができますが、鍵なしのため、貴重品は置かないようにしましょう。

置くものは、バッグと水筒、タオルくらいにしておきましょう

チョコザップ内にはAIカメラが設置してあるとはいえ、セキュリティは万全とは言えないので気を付けるようにしましょう。


貴重品は肌身離さず持ち歩く

貴重品は肌身離さず持ち歩くようにしましょう

ロッカーに置くのは鍵もないので心配です。

また、スタッフも不在のため、忘れ物の管理や、盗難の対応してくれる人もいません。

すべての荷物は自己責任です。

ポケットに入れるか、ポーチやランニングポーチなどで常に携行するようにしましょう。


忘れ物や盗難にあったら?

チョコザップでは忘れ物や盗難は自己責任になってます。

無人店舗のためお預かりやスタッフによる確認はおこなっておりません。万が一、盗難等が疑われる場合には最寄りの警察機関までご相談ください。

盗難・紛失等の責任は一切負いかねますので、貴重品の管理につきましては十分ご留意くださいますようお願い申し上げます。

chocoZAP HPより

チョコザップは無人店舗でコストを抑えて経営しているため、こちらのように、荷物の責任等は取れないようになってます。

盗難の疑いがあるときは、警察に連絡するようにしましょう


まとめ

chocoZAP店内

今回はチョコザップに行くときの持ち物と、貴重品の管理方法について紹介しました。

おすすめの持ち物は、

  • スマホ
  • タオル
  • イヤホン
  • 水筒や飲み物
  • トートバッグ
  • ランニングポーチ(貴重品が気になる人向け)

になります。

貴重品は、基本肌身離さず持ち歩き、盗難にあった時は警察に届けるようにしましょう。


チョコザップは値段も安く、筋トレガチ勢が少ないジムとして、初心者におすすめのジムです。

運動習慣身につけたい人は、持ち物を整えて、ぜひ行ってみてくださいね。

chocoZAPは24時間通い放題、ジム、エステ、脱毛使い放題月額で2,980円(税込3,278円)です。

また、入会した方全員にスターターキットが送られます。

体組成計とヘルスウォッチが入会するだけでもらえちゃいます

入会後すぐ退会しても返却する必要ないので、試しに入会してみるのをおすすめします。

スターターキット
タイトルとURLをコピーしました