一人暮らしでモノが増えすぎた!デメリットと減らすコツを紹介

※当サイトではアフィリエイト記事を利用しています

モノを増やさないコツ生活

あなたの家はモノがどれくらいありますか?

実は数えきれないくらいモノがあって、何がどれくらいあるのか、把握できていない人もいると思います。

特に一人暮らしをしていると、あれもこれも必要と思ってどんどん物が増えているという人も多いと思います。

現代、便利なモノが次から次にできてきて、欲しいモノがあれよこれよと出てきています。

それに加え、企業が次から次へと広告を打ってくるので、購買欲は留まることを知らなくなってしまっています。

モノが増えることで便利になった反面、本当に必要ではないモノを購入してしまっている現代人はとても多いと感じています。

モノが増えることで、収納に収まらないくらいモノにあふれ、挙句の果てに全く使わずほこりをかぶってしまう。

こんな人は多いんじゃないでしょうか?


今回は必要ではないモノを見極め、不必要なモノを増やさないコツを紹介していきます

今回の記事はこんな人におすすめです。

  • 家にモノが多くてこれ以上増やしたくない
  • モノ多いけど、そんなに困ることってあるの?
  • モノを減らして快適に過ごしたい

新生活が始まっている時期、特に新社会人、一人暮らしの大学生は欲しいモノがどんどん出てきてモノを増やしがちな時期です。

本当に必要なものなのか立ち止まるためにも、この記事を一度読んでいただければと思います。


スポンサーリンク

モノが増えるデメリットとは

散らかして困っている猫

モノが増えるって何が悪いの?

便利なモノが増えるとそれだけ生活が豊かになるじゃん

こう思っている方はいると思います。

しかし、モノが増えることによるデメリットは確かに存在します。

ここからデメリットについて紹介してきます。


モノが増えると時間が減る

え、便利なモノを買うと時間増えるよ

時間が減ることなんてあるの?

といった声が聞こえてきそうですが、必要以上のモノを増やすと時間は失われます。

モノが増えると管理の手間が増える」とよく言われます。

増えすぎたモノから必要なモノを探そうとすると、どこにあるかわからず家中を探し回るなんてことにもなりかねません。

加えて、どのくらい使用したのか、次のメンテナンスはいつか、そもそも持っていたのか、なんて考える時間は積み重なると馬鹿にできない時間になります。


モノが増えるとお金が減る

モノを増やすとその分の家賃が増える

よく言われますが、まさにその通り。

1つのモノが増えるくらいならそこまで影響が大きくはないですが、2つ、3つ、4つと増えていくと1部屋分余計に増やさないといけないなんてことにもなります

また、増えたモノに対してもお金がかかります

壊れたら修理費用、メンテナンス保守費用、部品の交換代、稼働させるための電気・通信費用など、あまり意識していないところでもお金がかかっていることは認識しておく必要があります。


モノが増えるとおしゃれに見えなくなる

家をおしゃれに見せるためにあれもこれも買う!

これはおすすめしません。

基本的にモノは統一されていないとおしゃれに見えずらいし、素人がやろうとすると大抵ごちゃついて落ち着かない部屋になってしまいがちです。

部屋をよく見せるためにはよく言われますが、「足し算より引き算」

余白がある方が整って見えるので、よほど自信がある人以外は減らす思考を身に着ける方が無難です。


スポンサーリンク

モノを増やさないコツ4選

整った部屋

モノが多いことのデメリットを知っていただきましたが、頭ではわかっていても、モノを増やさないのは案外大変です。

気を付けていても、気が付いたらモノが増えてしまっていたなんてことは、よくあります。

ここからはモノを増やさないコツについて紹介します。

コツを抑えておくだけで、モノが増えるスピードが低下するので、ぜひ覚えてみてくださいね。


欲しいと思った1回目は保留する

まずは欲しいと思った1回目は保留することをやってみてほしいです。

その場で「欲しい!」と思ったものをどんどん買って増やしていくとキリがありません。

その時に欲しいと!思っても後で見ると

何か違うな…

やっぱり必要ないかも…

なんて思うこともしばしばあると思います。

欲しい!と思っているときは、「1か月後、半年後、1年後も本当に使っているのか?」と将来の自分を想像できていないことがほとんどです。

一度冷静になるためにも1回目の欲しい!は我慢してみましょう。

一度時間をおいてみると、欲しい気持ちがどこかに行ってしまうことも案外あります。


でももし次はなくなっていたらどうしよう…

と思うかもしませんが、現代はネットを活用すれば大抵のモノは手に入れることができます。

Amazon・楽天市場・メルカリこういったサイトで探せばほとんどのモノは見つけることができるのでご安心ください。


今あるもので十分足りていないか考えてみる

新しいモノが欲しいと思っても今あるもので十分なことが多くあります

現に今なくても実際に生活できているのだから。

例えば、

  • 作業用のデスクが欲しい → ダイニングテーブルで作業できる
  • 新しい化粧水が欲しい → 今ある化粧水で十分
  • 有名なブランドの時計が欲しい → 今の時計と機能はさほど変わらない
  • かっこいいSUV車が欲しい → 何なら今の軽自動車の方が燃費もコストも安い

こんな感じで、本当に必要か考えてみることで、思いとどまることも多くあるでしょう。

今あなたの手元にあるものも、昔のあなたが欲しいと思ったものがそこにあるはずで、人間の欲求は終わりがないです。

今あるものに目を向けてみて、それでも必要なら購入を検討しましょう。


家のモノを減らしてみる

ここは人によりますが、家のモノを減らしてみると欲しいと思う気持ちが薄れることがあります。

モノを減らしてみるとわかりますが、モノがなくなるとあなたが思っている以上に部屋が広く感じます。

この余白を守りたい」と思って、モノを増やすことに歯止めがかかる人もいます。

私なんかは、モノを手放すことで手放した時にスッキリした気持ちになるので、一度手放し始めるとどんどん手放したくなります。

長く生活していると使わなくなったモノが多くあると思うので、1年くらい使っていないモノはどんどん手放してしまいましょう。

「捨てるのはちょっと抵抗がある」という人は、メルカリやジモティーを活用すると別の人が使ってくれるので罪悪感なく手放すことができるのでおすすめですよ。


モノを一つ入れたら二つ手放す

新しくモノを一つ入れる時は二つ手放すようにしましょう。

新しくモノを入れて、手放すことをしないと永遠にモノが増え続けてしまうことになります。

ここで、

あれ、一つ入れたら一つ手放すんじゃないの?

こう思った人もいるかもしれません。

しかし、一つ入れて一つ入れると、意外とモノは増え続けてしまいます。

理由は、本人の気づかないところでもモノは増えているからです。

意識していなくても、モノは増え続けます。

  • 広告のチラシや新聞
  • 人からのもらいもの
  • 意識せずに買った日用品
  • 実家からの贈り物

こんな風に、自分の意識の外で何かしらのモノが増えることはよくあります。

そのため、一つ入れたら二つ手放すことをおすすめしています。

最初は大変かもしれませんが、最初のうちはこれくらいやった方がいいです

物が減ってきて慣れてくると、一つ入れたら一つ手放すにシフトしていってもいいでしょう。


スポンサーリンク

まとめ

今回は一人暮らしでモノが増えすぎた人へ、デメリットと対処法をしてきました。

モノはある程度の量までは増やすと便利になりますが、一定量を超えると逆に不便になることもあります。

必要ないモノは持たないに越したことはないです。

広告や、他の人が持っているのを見ると、すぐに欲しくなる気持ちはわかります。

ただ、ここで衝動的に買ってしまっても、自分にとって有意義な買い物とは言えないものとなるでしょう。

今回紹介した内容を頭の片隅にでも入れていただいて、無駄なモノを増やさず、自分にとって心地いい生活になるよう、がんばってみてくださいね。

【モノを減らしたい人へおすすめのサービス】

ブックオフの宅配買取がおすすめです。

ブックオフの宅配買取なら、来店不要・手数料無料で不用品を買い取ってくれます。

ただ捨てるだけだともったいなく感じるかもしれませんが、不要なものがお金に代わると思うと、手放しやすくなりますね。

大量の不用品をお店まで持っていくのは大変ですが、家まで取りに来てくれるのはかなり楽で、荷造りだけしてまってればOKです。

一度利用してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました