運動音痴で生きづらい、恥ずかしい…それでも運動好きな人が楽しむ方法4選!

※当サイトではアフィリエイト記事を利用しています

運動音痴は生きづらい 考え方

学生時代、運動音痴でバカにされて生きづらかった

こんな経験を持っている人はいませんか?

こういった経験を持っている人は、正直、今も生きづらさを感じている人が多いと思います。

私は運動音痴というほどではありませんでしたが、運動部に入っていた割には運動神経が悪く、周囲からバカにされた経験があります

そのため、運動ができない人の気持ちはよくわかります。


今回の記事では、運動音痴で生きづらいと感じている人へ、理由とそれでも運動が好きな人へ対処法を紹介していきます。

今回の記事ではこんな人におすすめです。

  • 運動音痴で周囲からバカにされて人生辛い
  • 運動苦手ってだけで何でこんな生きづらいんだろう
  • 運動音痴の生きづらさを解消したい
  • 運動音痴だけど、運動は好き!どうすれば…?

それでは見ていきましょう。


スポンサーリンク

運動音痴が生きづらい理由

筋トレしている男性

運動音痴は生きづらいと思うきっかけは、主に学生時代にあります

今学生の人、社会人の人も、運動音痴で生きづらさを感じた人には共感できる内容になっています。

どれかに、もしくは複数当てはまる人もいると思いますので、一つずつ見ていきましょう。


運動音痴はバカにされる

まず運動音痴というだけでバカにされます

学生時代は運動神経がいいか悪いかで、スクールカースト上位に行けるかどうか、大きく影響します。

現に、スクールカースト上位層は、大概運動神経がいい人間です。

運動神経がいい人が皆が皆ではありませんが、一部の人は運動音痴をバカにします。

また、体育や球技大会では、運動音痴の人が浮き彫りになってしまい、周りから見せ物のようになることもあります

運動音痴の人は恥ずかしさを感じることになるでしょう。

これが原因で、一部の人間がバカにするような幼稚な行動が生まれてしまいます


一部のスクールカースト上位層がバカにすることで、他の人からもバカにされることはよくあるため、運動音痴はかなり生きづらいと感じるでしょう。


運動音痴は扱いが悪い

運動音痴は扱いが悪くなります

先ほどのバカにされるとも似てきますが、運動音痴は球技大会や体育祭、部活などの学生生活の一大イベントで見せ物のようになってしまうことがあります。

学生たちにとっては、この一大イベントが大きな影響をもたらしており、ここで失敗すると一気に扱いが悪くなります。

  • 球技大会でミスした仲間をイジリ倒す
  • 部活で下手な人は、人権が無いように扱われる
  • 上手い人から、下手な人がいる体育は面白くないと言われる

こういったように、運動音痴に対する扱いは非常に悪くなりがちです。

絵が下手とか、リコーダーができないとか、勉強ができないとかでは、生徒同士でここまで扱われることはありません

学生の運動ができないことに対する扱いの悪さは、教育的にも良くないので何とか改善してほしいと思っています。


運動音痴はモテない

傘をさして落ち込む人

運動音痴は学生時代モテません

学生時代の女子は、足が速かったり、スポーツができたりと運動ができる人が好きになることが多いです。

バスケ部のキャプテンとか、サッカー部のエースストライカーとか、野球部のエースで4番とか、こういった人たちですね。

やはりこういった人は、周りからもちやほやされてかっこいいですからね。


反対に運動音痴は、全くモテません。

むしろ女子からも扱いが悪くなります。

運動音痴は、運動神経がいい人達を引き立てるモブキャラでしかありません。

せいぜいモテる人達の足を引っ張らないように頑張って、何とか普通の人と同じラインに立てるか立てないかくらいです。


運動音痴は自信がない

運動音痴は自信がなくなります

学生時代に運動音痴が原因で、バカにされたり、扱いが悪くなったり、モテなかったり。

これらが相まって、運動音痴は自分に自信がなくなる人が多くいるように見えます。


冷静に考えて、運動音痴は見せ物にされてバカにされてきた経験ばかりだと、自信が持てないのは仕方ないですね。

しかし、この自信がない状態は、学生時代だけでなく、社会人になっても続く人もいます


学生時代の話題は、案外大人になってからもするし、社会人になってからも会社行事や子どもの行事で運動することがあります。

ここでも昔の運動音痴の経験がフラッシュバックしてしまって、自信がなくなってしまうことを引き起こしてしまいます。

運動音痴が原因による自信のなさを克服するのは人縄筋ではいきません。


スポンサーリンク

運動音痴が楽しく運動ができるようになるための方法4選

ヨガをしている人たち

ここまで運動音痴が生きづらい理由を紹介してきました。

こういった原因が理由で運動が嫌いになってしまう人も、残念ながらいると思います。

しかし、運動嫌いになってしまうのは、非常にもったいないです

運動音痴の人で運動が嫌いと思ってしまう人のほとんどは、運動が嫌いというわけでなく、運動する環境が嫌いだったことがほとんどです

ここから、運動音痴でも楽しく運動するための方法を紹介しますので、運動嫌いと思っている人も最後まで読んでみてください。


競争しない運動をする

まずは、競争しない運動をすることをおすすめします。

学生時代の体育や球技大会は、みんな子どものため、勝つことを目的にし、負けたら犯人を非難する傾向がありました。


しかし、ある程度年を取ってきて、みんな大人になると、勝ち負けじゃなく運動そのものを楽しむことを目的に運動することが多くなります

勝ち負けにこだわらない運動であれば、運動音痴であっても運動を楽しむことができるようになります。

  • 仲のいい仲間とラリーを続けるテニス
  • 公園でキャッチボールやバドミントン
  • 一人でもできるウォーキングや筋トレ

こういった運動であれば、運動音痴を気にしている人でも楽しめるんじゃないかと思います。

気楽に楽しめる運動を探してみると、運動嫌いを避けられるかもしれませんよ。


和気あいあいとしたメンバーと運動する

次に、和気あいあいとしたメンバーと運動することをおすすめします。

先ほども言ったように、勝ち負けにこだわるのではなく、運動そのものを楽しむメンバーと運動するとかなり楽しくなります

そのために、価値観が合う運動仲間を見つけるといいでしょう。

  • 職場で話が合う先輩や同僚
  • 学生時代仲がよかった友人
  • アプリで運動音痴、未経験OKのサークルを探す

運動嫌いになるのは、運動してきた環境が悪かったことが多く、楽しめるメンバーと運動すれば、運動そのものは楽しくなります。

心が広いエンジョイ勢と楽しく運動できれば、運動音痴でも運動が楽しめるようになるかもしれません。


運動音痴でもできる競技だけする

ゴルフしている人

運動音痴でもできる競技だけするのもおすすめです。

学生時代のスポーツでは、反射神経や運動神経が必要なスポーツが多いですが、そういった能力が必要ない、運動音痴でも向いてい競技があります。

運動音痴でも向いている競技の一例を紹介します。

  • 皆が気軽に練習できないスキーやカヌー
  • とにかく技術が大事なゴルフ
  • 反復練習で一人でもできるダンス
  • 淡々とできるジョギングや水泳

簡単に練習ができないスポーツや、反射神経が必要ないスポーツを選べば、運動音痴でもやりやすいと思います。

こういったスポーツを選べば、運動神経がいい人も簡単にできないスポーツが多いため、運動音痴でも楽しめるようになるでしょう。


一人で運動する

私個人的には、一人で運動することをかなりおすすめしています。

運動音痴は誰かと運動して、バカにされたり見せ物にされた経験があるため、誰かとやるスポーツ、特に団体競技はあまり向いていないと考えています。

そのため、マイペースに取り組むことができる運動が向いていると言えるでしょう。

一人でもできるスポーツはかなりあります。

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • 水泳
  • 登山
  • 筋トレ
  • ゴルフ

他にも一人でできる運動は多くあるので、自分に合ったものを探してみてください。

【筋トレ・ジョギング・ゴルフに興味がある方へ】

私のおすすめはchocozapです

筋トレガチ勢はいないし、トレーナーもいない。

24時間いつでも自分の好きな時間で好きなだけ取り組むことができます。

月額3,278円(税込)で他のジムよりも格安で通えるため、おすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

ランニング中の男性

今回は運動音痴が生きづらい理由と、運動嫌いでも運動を楽しむ方法を紹介してきました。

運動音痴は、特に学生時代に辛く、大変な思いをして生きづらさを感じてしまいます。

こういった人は、学生時代辛くても、社会人になると運動音痴が浮き彫りになるケースはかなり減ります。

そのため、今学生で運動音痴で辛い人は、さっさと社会人になるのを待つか、今回の対処法を試してみてください。

社会人になっても学生時代のことを気にしてしまうことはありますが、学生時代ほどではありません。

運動音痴で生きづらいのは、学生のうちだけなので、あまり気にしすぎず生きていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました